ちえぞうブログ

ペットの健康話しと、フラメンコとゴスペルの話し。いろいろですが。。。

【猫さま】ペット業界のおかしな常識をぶった切る。『ペットパラダイム』

ペットの世界でも間違った常識が当たり前のよに流れていることが多い世の中です。その常識おかしくな?そんな事をまとめました。
『ペット』と『パラダイムシフト』を合わせて『ペットパラダイム』という記事を作っています。
こちらでも『ペットパラダイム』を掲載させていただきます。
良かったら読んでみてください。
 
『ペットパラダイム』
 
1.パラダイムシフト    
 
「パラダイムシフト」という言葉を聞いたことはありますか?
最近はいろんな業界でこの言葉が使われるようになってきました。『パラダイムシフト』という言葉をネットで調べてみると、こんな風に出てきます。
 
【パラダイムシフトとは・・・その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。(Wikipedia)】
 
今まで常識だと思っていた事が劇的に変わる事を言います。
 
例えば、
・薬は病気を治さない
・塩はたくさん摂った方がよい
・原子力は安全ではない
という、一瞬えっ?!と驚くような内容です。
 
今まで常識だと思っていたことが、実は違っていた。今まで正しいと思ってやってきた事が、実は間違っていた。今まで信じていたことが、実はそうではなかった。テレビや新聞は真実を報道していると思っていたら、作られた情報だった。
 
時代と共に隠されていた情報が表に出てくるようになってきました。「それはおかしいよね?」と気付き、発言する人が増えてきたんですね。
 
内容によってはそれがかなりの衝撃で、どうしても受け入れられない事もあるかもしれません。大きな変化についていけない事もあるかもしれません。
 
そういったパラダイムシフトは、実は動物の世界にも当てはまります。ペットの世界で信じられてきた常識が、実は違っていたという事もたくさんあるのです。
 
・犬や猫にペットフードを食べさせないで!
・フロントラインは病気になりますよ。
・ワクチンは打っちゃだめですよ。
 
えっ?!と驚かれた項目はありましたでしょうか?
別にペットフードは食べさせなくていいし、フロントラインは毒を体に入れてる事になるし、ワクチンは害でしたないからね。
 
獣医さんやペットショップの人に聞いたとか、本に書いてあったとか、いろんな事がきっかけで信じてしまった経緯はあると思います。
 
動物たちは人間社会に入って、一生懸命私たちの生活に合わせてくれています。間違った人間都合の常識の中でも、我慢して付き合ってくれています。そんなペットの生活を出来るだけ動物側から見ていきたいと思います。
これは動物にとってどうなのか?という視点で見ていくと、動物にとっての真実が見えてくると思うのです。
 
私たちはついつい人間側からの都合でものを考えがちになります。人間社会なので仕方のない事です。しかし、そろそろ人間は1歩下がって、動物たちに敬意を払うべき時期なんじゃないかな~と思うのです。
 
私はこんな経験をしました。20年程前にラブラドールを飼い始め、子犬に市販のフードを食べさせていたらお腹に湿疹が出来、獣医さんへ行ったらアレルギーだと言われて注射をして薬をもらいました。薬を飲んでいると湿疹は治まります。しかし薬が切れるとまた同じ症状。そんな事をしていたら今度は別の病気になりました。これはおかしいと調べていくと、どうやらペットフードの質がかなり悪いらしい。すぐにペットフードを変えてみたら劇的に改善し、それから再発することは無くなりました。これは大事だぞ!という事でこれを伝えていこうと思いました。
 
もしかしたらみなさんが今診てもらっている獣医さんとは全く反対の事を言うかもしれません。もしかしたら本に書いてある事とは全く反対の事を言うかもしれません。
 
しかし、犬や猫を飼って思った事、ペット業界に20年以上いて犬や猫の事もたくさん見てきて実感した事などを『ペットパラダイム』というタイトルでまとめてみました。柔軟な気持ちで読んでいただけると嬉しいです。