ちえぞうブログ

ペットの健康話しと、フラメンコとゴスペルの話し。いろいろですが。。。

【ちえぞうパラダイム】風邪ひいたら寝込む?

【今日のテーマ:風邪ひいたら寝込む?】

 

よく『風邪がうつった~』と言いますよね?

近くにいる人が風邪を引いていて、ゴホンゴホン咳をしていた。
その咳と一緒に風邪のウイルスが飛んできて、自分の中に入ってしまい、それで自分が風邪を引いた。

そんなイメージですよね?

でも同じように風邪を引いてゴホンゴホンしている人と一緒にいても、風邪を引かない人っていませんか?
そう、それが私なんですが。。。(笑)
周りで人が風邪を引いていても、私はうつらないんです。

同じ場所にいて、同じシチュエーションで、みんなが同じように風邪を引くことはないのです。
なぜ風邪を引く人と引かない人がいるのでしょうか?

多分、風邪のウイルスが自分の中に入ったから、それでうつったと思ってる人が多いと思いますが。
風邪のウイルスが体に入ったとしても、そのウイルスに勝ってしまえば風邪の症状は出てきません。
つまり風邪を引いたような感覚にはならないのです。

ウイルスが体の中に入ったとしても、咳が出たり、くしゃみが出たり、喉が痛くなったり、熱が出たりしなければ、風邪を引いたとは思わないのです。
症状が出る、出ない、で大きく違ってきます。

ではここで問題です。
この症状が出る人と出ない人、何か違うのでしょうか?

答えは、免疫力とか、自然治癒力とか言われているものです。
つまりは体が強いか弱いかです。
体が強ければ症状は出ないって事になります。

風邪のウイルスが体に入ってきたとしても、体が強ければウイルスに勝つことが出来ます。
ウイルスが体に入ってきたら、体は戦います。
異物をやっつけようと戦いますが、その戦いに勝って、ウイルスをやっつけてしまえば問題はないのです。
熱なんか出ないし、寝込む事はありません。
辛い症状に悩まされる事はありません。

ウイルスが入った時に多少の咳が出たり、くしゃみが出たりするかもしれませんが、すぐに治ってしまいます。

免疫力をつけておくとか、自然治癒力をつけておくとか、体を強くするとか。
なぜそれらが大事かと言ったら、菌やウイルスが体に入って来た時に戦って勝てるからなのです。

負けてしまえば結局は症状が酷くなって自分が辛いだけです。
辛いのが好きな人はいいけれども、辛いのが嫌いな人は自分の免疫力を強くしておきましょう。

えっ?ちょっと待って。
どうやったら免疫力を強くする事が出来るの?

それはこのメルマガを購読する事です。
そこに答えが出てきます。(*^^*)

 

ちえぞうでした。

 

無料メルマガ配信中です。
ご登録、お待ちしております。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
〈人生のパラダイムシフト〉ちえぞうのお気楽メルマガ

www.mag2.com