ちえぞうブログ

ペットの健康話しと、フラメンコとゴスペルの話し。いろいろですが。。。

【ちえぞうパラダイム】赤いのは女の子っていう思い込み

【今日のテーマ:赤いのは女の子っていう思い込み】

 

もう大昔の話しですが。
私が小学校低学年の時、4つ上の兄貴とお菓子屋さんに行きました。
兄が母からお金を渡され、私を連れてお菓子を買ってくるように言われたようです。
るんるんしてお菓子屋さんに行きました。


お菓子=甘いもの


お菓子屋さんに行ったらガムが目に止まり、ガムが欲しいと兄貴に言いました。
そして兄貴が、赤いパッケージのガムと、青いパッケージのガムを持って、どっちがいい?と私に聞きました。
まだ子どもの私は何も考えないで、『赤いの!』と言って私用に赤いパッケージのガムを買ってもらいました。

 

女の子は赤でしょ!
という勝手な思い込みがありました。

 

ウキウキして家に帰り、そのガムを食べたらなんとペパーミント味でした。
子供の私にはまずくて食べられなくて、とっても悲しい思いをした記憶があります。

 

【女の子は赤、男の子は青】

 

これって考えてみるとなぜなんでしょうね?
この常識、認識ってどこから来たんでしょう?
もう大昔からなのでしょうか?

多分ですが、女子はお化粧をする。
お化粧は口紅が赤。だから女子は赤。

そんな所でしょうか?

そして子ども心にはなぜか赤いのは甘い。
青いのは甘くない。

 

そんなイメージが出来ておりまして、赤いガムが甘くて美味しいと思っていたのです。
自分は女の子だし、赤いのは美味しいから当然選んだのは『赤』だった訳です。
しかし、甘くて美味しいガムだと思って食べたらスースーするハッカだった!
というかなりショッキングな出来事が、50年も前ですが鮮明に覚えています。

 

それ以来、色で判断せずに中身をちゃんと見て判断するようになりました。
自分の中のイメージで決定してしまうと失敗する事があるのだと学んだ訳ですね~。

食べ物で学ぶとかなり深くまで刻まれるので、忘れずにすみますね。

おおーーーー、なんと執念深い!!
食べ物の恨みは恐ろしいのでありました。

こうなってくると商品開発の時にパッケージの問題は答えが出てきますよね。
女子に買って欲しいものであれば、『赤い』方が言い訳ですし、男子に買って欲しいものであれば『青い』方がよくて。

『赤い』方は甘いイメージがあるので、甘いものを売りたい場合は『赤い』方が売れそうです。
青いパッケージだけど甘くて美味しい、と言われてもちょっとイメージが湧きません。

 

あっ、でもイメージが違う人も確かにいると思います。
青い方が女子のイメージで、青い方が甘い物のイメージを持ってる人。
でも、少ないかな~~。(笑)

 

商品は売りたい訳ですから、人数が多い人に向けての戦略は大事ですね。

と、こんな感じでメルマガを作っていこうと思います。
ご一緒にいろいろ考えて行きましょう~。

 

そして、良かったらお友達もご紹介くださいませ。
みなさんのご参加をお待ちしております。


ちえぞうでした。

 

無料メルマガ配信中です。
ご登録、お待ちしております。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
〈人生のパラダイムシフト〉ちえぞうのお気楽メルマガ

www.mag2.com