ちえぞうブログ

ペットの健康話しと、フラメンコとゴスペルの話し。いろいろですが。。。

【健康になる講座】毒を体に入れないようにすると、自然治癒力は高まります。その毒ってどんなもの???

以前の記事で書きました、風邪を引いた時に1時間とか半日とか、短時間で治すためには体の自然治癒力を強くしておかないといけません。

 

www.chie-zou.com

 


そのための健康の秘訣、その1
『毒を体に入れない』について、今回お話ししたいと思います。


わざわざ毒を体に入れている人はいないと思います。
しかし、現在は毒を体に入れない方が難しいくらい、毒が私達の周りにたくさんあります。
ではその『毒』とはどんなものでしょうか?


私達の体は人間が作り出したものではなく、自然の力で作られたもの、自然の摂理の上に作られたものですね。
人工的に作られてものではありません。

 

そうすると、その体の中に入れるものは自然に近いものの方がいいというのなんとなく分かります。
人工的なものではなく、自然界でできたものや、自然界に近いものの方がいいと思うのです。

 

例えば、野生の動物を考えてみてみましょう。
自然の中で暮らして、自然の中のものを食べています。
野生の動物たちは人間に多いガンやアレルギー、アトピーなどの病気がありません。
これは自然の中の食べ物を食べいるからと考えられます。
(それだけではないのですが。)

 

そしたら自然の中で暮らすのが一番いい!確かにそうですね。
しかし、今から山の中で暮らすのって出来ます?
なかなか難しいと思います。ハードル高いですね。
無理な事は出来ないので諦めて、この人工的な人間界に暮らしながら出来るだけ自然界に近いものを体に入れるように気をつけたいと思います。

 

そのためにはまず、どんなものが人工的でどんなものが自然に近いかを考えてみましょう。

 

例えば。
バターは牛のお乳を使って作られていますが、マーガリンは人工的に作られています。
砂糖はさとうきびなどの植物から作られますが、人工甘味料は人工的に作られています。

 

野菜で言ったら。
自然栽培で作られた野菜もありますが、農薬をいっぱい使った野菜もあります。
早く成長するようにしたり、色をキレイにしたり、種を無くしたりと人工的に改良されています。

 

お肉やお魚で言ったら。
自然放牧した家畜動物もいますが、過密状態で飼育されている家畜動物もいます。
過密状態で飼育されている動物は、病気の感染を防ぐために投薬されています。
その薬の入った動物のお肉を私達人間が食べています。

 

魚も海を泳いでいる魚と、養殖されている魚があります。
養殖されている魚はお肉と同じように過密状態で飼育されています。
ここでも病気にならないように、投薬されています。
投薬された魚か、自然の海を泳いでいた魚か、どっちがいいのかは簡単に分かります。

 

お惣菜の場合。
スーパーで売っているお惣菜よりも、家庭で作るお料理の方がいいという感じです。
家で作れば何を使っているのかがわかりますが、加工されて出来ているものは
何を使ってどう作られているのかが分かりません。


出来るだけ毒を選ばない方法を考えてみましょう。

商品を購入する時に、その商品が何で出来ているか原材料の所を見る習慣をつけてみるといいかもしれません。
原材料に何が書かれているかを見てみるのです。
原材料表示はいろいろカラクリがあるので見ても分からない事が多いですが、基本は原材料表示なりますので、見る習慣をつけてみましょう。

 

原材料表示の所を見てどう判断するか?それは以外に簡単です。
基準は出来るだけ『文字が少ない事。』
ほら、簡単でしょ。

 

ごちゃごちゃと、よく分からない文字がたくさん書かれているのは、人工的なものをたくさん使っている証拠です。

原材料の所が簡潔なものは、いろんなものを使っていないという証拠です。


ポテトチップスを買う時に原材料の表示を見てみましょう。
カタカナの文字がいっぱいあって、人工的な調味料やなにやらいっぱい入ってそうなのもありますし、じゃがいもと塩と油だけを使って作られているものもあります。
比べてみて文字の少ない方を買えばいいのです。


ポテトサラダを買う時に原材料の表示を見てみましょう。
着色料っぽいもの、酸化防止剤っぽいもの、漂白してそうなもの。
よく分からない文字がたくさん書いてあるものより、文字の少ないもの買えばいいのです。
怪しい文字の多いポテトサラダより、文字の少ない里芋の煮物の方がいいかもしれません。

そんな習慣を付けるだけで、毒を体に入れない事になります。


そんな事を少し気にしてみてください。
薬品つかってそうだな。化学的なものが入ってそうだな。
添加物も多そうだな。
と思ったらそれは体に悪いもの、毒です。
そのようなものを出来るだけ食べないようにすると、自然と治癒力は高まってきます。

 

すぐにはムリかもしれませんよ。
2~3日気をつけたからと言ってすぐに自然治癒力は高まりません。
日々続けることで、少しずつですが確実に体に現れてきます。

 

私は20代の頃からこういった体に安心なもの、自然療法などに興味があり実践してきました。
そして50代の今も、健康な体を維持しています。

 

人生は短いので美味しいものをたくさん食べたい所です。
しかし、病気になってしまっては楽しい人生を過ごせなくなります。
病気にならないように、日々心がけて健康で元気に長生きしていきたいと思います。

 

病気になって病院で死ぬのではなく、家のソファーに座って外の景色を眺めていたらいつの間か逝ってしまった。
そんな人生が良くないですか?
私はそんな人生にしたいと思っています。

みなさんもそんな人生にしませんか?

 

ちえぞうでした。

ご登録、お待ちしております。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
《大きな声では言えないペットの話》ペット業界20年
★ペットパラダイム通信★これさえ知ればあなたもペットも健康長生き
毎月2回発行!1ヶ月無料です。

www.mag2.com