ちえぞうブログ

ペットの健康話しと、フラメンコとゴスペルの話し。いろいろですが。。。

【自然治癒力】始めてひょう疽になった時、ほっておいて経過を見て自然に治したお話し。

今から4ヶ月程前。
2018年12月23日の夜、左の人差し指の第一関節から先が、急にドクドクしてきたんです。


その日は昼間に老人介護施設のクリスマス会でフラメンコをボランティアで踊らせていただき、夜にフラメンコのメンバーとの忘年会で飲んでいる時に気が付いたのね。

 

なんで気が付いたかっていったら、指先がドクドク痛くなってきたんです。
ん?なんだこの痛みは???

 

そして自分の指を見てみると、明らかに腫れている。

あらあら。


ここでみんなに言ってしまうと、せっかくの楽しい席で心配させるのもなんだな~と、言わずにおりまして。


まぁ、そう言っても我慢出来ない痛みでもないし。
死にそうではないし、指先だけだし、それに左なので影響ないし。


腫れていない方の右手で触って見ても、明らかに熱を持っているのが分かる。
まぁ、腫れてるから熱も出てきますよね。

 

飲み会が終って家に帰り、よくよく見てみると第一関節の先からがパンパンに腫れてる。
もう、これ以上皮膚は伸びないだろう、ってところまで腫れてて、血液が集まってるのがよく分かるんです。

 

元々体というのは、異常があると自分で治そうとするわけですよね。
体のどこかがいつもと違うと細胞みんなで「おーーい、あそこが変だぞ、みんな集まれ~。」ってなわけで血液が集まって、その部分を治そうとする。


血液がいっぱい急に集まるものだから、ドクドクしてくるし赤くなるし、腫れてくるんですよね。
でも治れば血液は去っていくので、通常にもどります。

 

敵がいると血液が集まってくるから痛みが出るのは仕方ない。
その痛みを止めようと痛み止めの薬を飲む方法もあるけど。

痛み止めが何故痛みを止めるかと言ったら、血液の流れを止めるからなんです。


敵がいる場所に集まろうとしている血液を止めてしまう。

そうすると血液も集まらないから痛みも和らぐ。

でも、根本の部分は治ってないし、敵もやっつけられてない。
だから薬の効果がなくなると、また痛みが出てしまう。


対処療法なので根本治療にはなってないのね。

 

指が腫れてる理由を考えてみた。
1. どこかにブツケたか、挟んだか。(外側からの刺激)
2. ばい菌が入った。(中側からの刺激)


このどちらかだと思うんだけど、「痛っ!」ってなった記憶がない。

どう考えても記憶がない。

なので多分ばい菌かな。


まぁ、理由がはっきりしたところで何も変わらないので、そのままほおって置くことにした。

自然療法ってやつね。


体がもう大丈夫だと判断したら血液も引いていくだろうし、そしたら腫れも引いて痛みも無くなって普通の指に戻る日がきっとくるはずだからね。


でも指先だから何かに当たると痛いのよね。

なるべく当たらないように注意するんだけど、指っていろいろ使うんだよね。

普段意識してないけどね。

つくづく左指で良かったと感謝します。


このパンパンに腫れるのが5日間くらい続きまして、ほんの少し腫れが緩んだかな~という頃は、逆に赤さが濃くなると言うか、赤黒くなってきました。

内出血かな?


そうこうしてたら爪の横部分が黄色くなってきまして。

明らかに皮膚の中で膿が溜まっている状態です。


これではっきりしましたね。

どこかにブツケたのではなく、ばい菌が入った!に決定です。


この膿を無理やり出した方が治りが早いのか?と思ったんですが、体の自然の反応を見てみよと思いまして、ほっときます。

めったにない貴重な経験ですからね~。


膿の部分は押してもまったく痛くない。

赤い部分は押すと痛い。


この膿の期間が3日くらいあったかな~。


そしてちょうど31日の大晦日の夜、紅白を見ていたんですが指が痛痒いので右手で触っていたら、爪の脇から膿が出てきました。

汚い話しでごめんなさい。


やっぱりこうして自然に膿を出すんだな~と、改めて体の機能に感心しました。


爪のちょっと横の皮膚が自然に切れて、そこからも膿が出始めました。

皮膚の崩壊です。

中からの皮膚の崩壊。

ばい菌が入って中で戦って、その死骸を外に出したいのだと思います。

皮膚が切れて中身が見えるとちょっとエグいんですよね。

自分はもう見慣れてるからいいけど、他人からしたら気持ち悪い光景です。

中の肉らしきものが出ているから、ここに当たると痛いんです。

水とかお湯とかは滲みなんですけど、当たると痛い。

なので絆創膏をしました。

これなら他人様にも迷惑をかけないしね。


で、ここに来て気づいたバカでとんまな私ですが。(笑)

試す事が他にあったじゃな~い!


そうなんです、不思議な水ね。

そう、『イアーゲート』です。

 

いつもシャンプーとかリンスに入れてる不思議な水。

この水の威力を試す時!と思って、崩壊した皮膚に垂らして寝ました。

それとティーツリークリームも塗ってね。

(ティーツリーの効果は殺菌と炎症止)


朝起きたらびっくりですが。

そう、思った以上に早く皮膚が治ってる感満載なんですよね。

これはいい、やっぱり効果ありですわ、この不思議な水。

毎晩これを垂らして寝れば治りがきっと早いはずね。

と思っている私です。

 

ネットで検索してみたら同じような画像が出てきて、調べてみたら「ひょう疽」という病名らしいです。

同じような画像がたくさんでてきました。

そうそう、これこれ!って感じ。

この画像がどれ見ても気持ち悪い。

だからここでは画像載せませんので、ネットで検索してみてね。


普通の人なら病院へ行くのだろうね。

そして膿出してもらって薬もらって、って経過かな?

 

でも私は病院に行かない派!なので、なんでも自然療法です。

 

思うに、やっぱり体は自然に治る方法を取る訳だから、それの邪魔をしないようにしてあげるのがいいんじゃないかと。
もう、痛くて痛くて我慢できないなら、病院へ行くのもいいけどね。


私のひょう疽は我慢出来る痛さだったので、病院へ行かずに観察となりました。


原因は爪からばい菌が入ったと思われるんだけど、トイレに行った後とかに濡れた手でいるとばい菌が入りやすい。

特に爪の境目はばい菌が入る部分なんだそうですね。


みなさんもトイレに行って手を洗ったらちゃんと拭くか、乾かしましょう。
万が一ばい菌が入ってしまってひょう疽になったら、体の経過を観察してみましょう。
なかなか面白いですよ。

 

今はすっかり治ってます。

ただ、爪の形がデコボコになっているのは、菌が入った部分かと思われます。
爪がこのまま順調に伸びていったら、跡形もなくなり、もとの指に戻ります。

 

私も初めての経験なので、途中多少の心配もありましたよ。
このまま指先が壊死して使えなくなったらどうしよう。

いくら左指でも、人差し指の先が無いのはちょっと辛いよな~なんて。

 

しかしそんな心配はまったくいらなかったです。
体って元に戻ろうとするんだな~と、改めて自然治癒力を信じる事ができました。

 

 

ちえぞうでした。

ご登録、お待ちしております。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
《大きな声では言えないペットの話》ペット業界20年
★ペットパラダイム通信★これさえ知ればあなたもペットも健康長生き
毎月2回発行!1ヶ月無料です。

https://www.mag2.com/m/0001685433.html

 

イアーゲート30ml

イアーゲート30ml