ちえぞうブログ

ペットの健康話しと、フラメンコとゴスペルの話し。いろいろですが。。。

【検証シリーズ】猫の毛色と柄を検証する

 『猫』という動物の中にも種類があります。

毛の長い種類、短い種類。
ガッチリした体型、ほっそりした体型。
最近は耳が折れていたり、足が短いといった種類もあります。

 

今回は種類によって特徴のある、色や柄について検証してみたいと思います。

 

猫と犬が大きく違う1つに柄の問題です。
そう、猫には柄がある事なんです。
考えてみたら柄の犬っていないと思いませんか?

 

うちの猫は『アメリカンショートヘアー』の『クラッシックタビー』という、タビー柄の猫です。
タビー柄??タビー柄って面白い柄なんですよ。

 

手の先がシマ縞模様、
オデコの所がシマ模様、
ほっぺの所もシマ模様、
しっぽにもシマ模様、
お腹にうずまきのような模様。


あっ、こんな適当ないい方をしたら、キャットショーのジャッジさんに怒られるかもしれません。(笑)

 

いろんなところに模様が入っていて、目立つんです!
見るとすぐ分かりますし、神秘的な模様です。
ど~してこんな模様になるんでしょうね~。

 

タビー柄はアメリカンショートヘアーだけではなく、他の種類の猫もこの柄を持っています。
メインクーンのクラッシックタビー、とか。
ノルウェージャンフォレストキャットのクラッシックタビー、とか。

 

そしてこのタビー柄にも色が分かれていて、うちの3代目の猫は『シルバータビー』という、シルバー色のタビー柄の猫でした。
アメリカンショートヘアーでは1番有名な色と柄かと思います。

 

そして、4代目と5代目は『クリームタビー』というクリーム色のタビー柄で、これは結構珍しい色になるんです。


遺伝というのはほんとに不思議ですよね。
このタビー柄が子供に引き継がれ、ちゃーんと同じ模様が出るんですよ。

 

もちろん柄ではなく、1色の猫もいます。
真っ白い猫、真っ黒い猫。
うちの1代目と2代目は真っ白い猫でした。

3色の三毛猫ちゃんや2色のバイカラーの猫。

 

1色の猫の中にも、1色のように見えて毛をかき分けると半分から違う色の子もいます。
もし、お家に猫ちゃんがいたら、毛をかき分けてみて見てください。
もしかしたら表面は真っ黒でも、中の方は違う色かも?!

 

他には色が混ざりあったサビ猫ちゃん。
くっきりと顔半分色が分かれてる八割れちゃん。
水玉のような柄の子もいたりと、ほんとにたくさんの種類があります。

 

もう、個性と言ってもいいくらいですね。

そしてこの個性が混ざりあったりすると、もっと複雑になりますね。

 

上半身はタビー柄で後は真っ白とか。
尻尾の所だけ色があって体は真っ白とか。
足先だけ白くて、靴下はいてるみたいな猫とか。

 

不思議なのが、例えば親がタビー柄だったとしても、子猫が全てタビー柄になるとは限らないという事です。

 

生まれてみたあらあらビックリ!!
親とぜんぜん色や柄が違う~~!!!
って事もおこります。

 

もう複雑ーーー!!
いろんな猫がいて、いろんな色があって、いろんな柄があって、猫って不思議で面白いですね。

 

ただ1つ言えるのは、自分の猫が1番好きって事かな。(笑)

 

ちえぞうでした。

ご登録、よろしくお願いいたします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
《大きな声では言えないペットの話》ペット業界20年
★ペットパラダイム通信★これさえ知ればあなたもペットも健康長生き
3/11有料メルマガ創刊!1ヶ月無料です。

www.mag2.com