ちえぞうブログ

ペットの健康話しと、フラメンコとゴスペルの話し。いろいろですが。。。

【検証シリーズ】猫のゴロゴロを検証する

猫って『ゴロゴロ』喉が鳴るんですが、ご存知ですか?
猫の『ゴロゴロ』って聞いたことありますか?

 

その前に『ゴロゴロ』って何?って聞かれると説明しにくいんですが、猫って『ゴロゴロ』喉を鳴らすんです。

 

この『ゴロゴロ』を検索してみたんですが、特に名前が無いようなんです。
なので、ここでも『ゴロゴロ』で通しますね。

 

今回はそんな猫の『ゴロゴロ』を検証してみます。

 

なぜ『ゴロゴロ』喉を鳴らすのか?を検索してみると。

 

子猫が母猫のお乳を飲んでいる時に、飲みながらゴロゴロ喉を鳴らす事で、『大丈夫だよ』とか『元気だとよ』という、サインを伝える為だとか。

おっぱいをたくさん飲んで、お腹いっぱいで満足して眠くなりながら鳴らしていたので、リラックスした時に鳴らすとの事なんです。

 

これは猫特有のものかもしれませんね。

 

では他のネコ科はどうかのか?
ライオンは猫と同じように『ゴロゴロ』と喉を鳴らすそうですが、かなり大きな音だそうです。
体も大きいですからね~。

 

トラの場合は満足している時は、『ゴロゴロ』ではなく『フフフフ』だそうです。
ちょっと聞いてみた~~~い!!
でも実物のは聞けないかな。。。


猫が『ゴロゴロ』と喉を鳴らすのは気持ちよく満足しているから、というのが多くの人の認識だと思いますが、実はそれだけではないようなんです。

 

猫が喉を鳴らす時は、
1.満足して安心している
2.期待感でワクワクしている
3.攻撃しようとしている
4.具合が悪い
などなど、いろいろあるようですね。


1.満足して安心している
猫を撫でたり、膝の上に乗ってきて寝たり、飼い主にくっついてきて甘えたり。
そんな時にゴロゴロというのをよく聞きます。
猫のゴロゴロを聞くと、こちらも幸せになりますよね。
そして、ゴロゴロを聞きたくて、なでなでしたり、無理やり膝の上に乗っけたりしてみたり。
これを聞くと気持ちがいいんだな~と実感できるので、飼い主としてもとても心地よい音になります。


2.期待感でワクワクしている
安心感だけではなく、「期待感が高まっている」という時も猫はゴロゴロ喉を鳴らすそうです。
例えば、ごはんくれるの?遊んでくれるの?
そんな時に喉が鳴っているようです。
「嬉しい」という猫からのサインというのもいいものです。


3.攻撃しようとしている
これは私の友人から聞いた、友人の猫のお話しですが。
構われるのが好きではない猫ちゃんで、構い過ぎると腕を本気で噛んでくるんだそうです。
その噛む体勢に入った時にゴロゴロ言うのだとか。
その猫ちゃんは、安心したりリラックスした時はゴロゴロ言わないそうです。
肉食動物として獲物を狙う時の本能かしら?
それがワクワクにつながるのかもしれませんね。


4.具合が悪い
具合が悪い時にもゴロゴロと喉をならすんですって、ご存知でした?
理由ははっきりしていないようですが、苦しい時にも自分を安心させる為にゴロゴロ喉を鳴らすと言われているそうです。
怖い時や緊張している時に、自分を落ち着かせるための行動かもしれません。
そんな時は優しく撫でて、安心させてあげたいですね。

 

いろんなパターンがあるようなので、猫ちゃんによって『ゴロゴロ』の使い方も違うようです。
この『ゴロゴロ』、名前も付いてないようなんですが、なぜ猫の喉が鳴るのかの解明もされていないようです。

 

野生に近い猫、まだまだ不思議がいっぱいです。
人間って、動物の事、ほとんど分かってないですもんね!

 

私が1番好きなのは、寒い冬に猫が布団の中に入ってきてゴロゴロ言いながら腕まくらして寝てる時。

しあわせ感じますね~~。
だから寒い冬は大好きなんですぅ~~。

 

 

ちえぞうでした。

ご登録、よろしくお願いいたします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
《大きな声では言えないペットの話》ペット業界20年
★ペットパラダイム通信★これさえ知ればあなたもペットも健康長生き
3/11有料メルマガ創刊!1ヶ月無料です。

www.mag2.com