大きな声では言えないちえぞう話

大きな声では言えないペットの話しと、大きな声で言えるダンスの歌の話し

【チャーリー物語】猫のノミ対策

今回はノミのお話しです。

 

暑い季節になると嫌な虫が出てきますよね。
それも刺すから虫って、ほんと困ります。

 

猫飼いの場合は「蚊」よりももっと気になるのが「ノミ」ではないでしょうか。
犬や猫に付くノミはほとんどが「猫ノミ」と言われている小さいノミです。

犬に付いていても「猫ノミ」なんだそうです。
なんか変ですが。。。

 

「犬ノミ」をかなり昔に見た事があるのですが、ほんとに猫ノミより大きくて、捕まえやすかったです。ちょっと気持ち悪いくらいに大きいんですよ。
最近はほとどんどいないようですね。

 

そんな困ったノミですが、夏場は増えてしまう事が十分考えられます。

お外に出る猫ちゃんだったら、やはり危険がいっぱいですね。
外に出て土や草に触れることで移ったり。
お外の猫ちゃんとの接触で移ったり。

 

ノミは繁殖能力が強いので、猫の体に付いた後すごい勢いで増えてしまいます。
あっという間に卵が孵って幼虫になり、成虫になります。

 

外で迷子になった子猫を何回か拾った事がありますが、真っ先に対処するのがノミ問題です。
小さい体にたくさんのノミが付いていて、見ているだけでこちらが痒くなります。

 

そんな困ったノミ問題ですが、もしお家の猫ちゃんにノミを発見してしまったらみなさんどうしますか?

 

すぐに病院に連れて行ってお薬をもらって。。。えっ???
お薬付けちゃいます???

 

本やネットにはそんな事が書いてありますが、いえいえちょっと待ってくださいよ。

 

病院へ行ってお薬を体に付けてノミを殺しますか?
そのお薬は殺虫剤ですね。
つまりノミを殺すものですね。

 

ノミを殺せる薬を猫の体に付けるのは怖くないですか?
殺虫剤が体に入る事になりますね。

 

つけた所を舐めちゃったら心配じゃないですか?

 

ノミに刺されると痒くて大変ですが、それで命を落とすことはありません。
殺虫剤を体に入れる方が危険性が増すと思うんですよね。

 

そこで、体に害の無い方法でノミ対策を考えましょう。
それが猫ちゃんの健康のためであり、長生きのためです。

 

■ノミ対策

 

1.ごはんにガーリック(にんにく)をほんの少し入れます。
そうすると、ノミの嫌いなニオイが体から出るようになり、ノミが近寄りにくくなります。

 

2.虫を殺す殺虫剤ではなく、虫を除ける虫よけ剤を使いましょう。

 

うちのチャーリーは完全室内猫でしたので、ノミの心配はありませんでした。

ノミ以外でもまったくと言っていい程心配なく、病院へは行く事がありませんでした。

予防注射もしませんし、ノミ・ダニ剤も使った事はありません。
健康診断もやりません。

 

だって病院へ行くだけでストレスになりますから、病院へ行く方が病気になりますよね。

 

本来病院は必要ないものだと私は考えております。
なので、行かないようにする事が大事ですね。
一生行かなくていいなら、行かない方がいいですよ。

 

ちょこちょこ病院通いなんてしてはいけないのです。
まぁ、これは人間にも言える事ですが結構病院好きの人が多いですね。


安心な食べ物を食べて、いっぱい遊んで、自然に暮らす。
それが1番の健康法だと私は思ってます。

 

ちえぞうでした。

 

 ご登録、よろしくお願いいたします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
《大きな声では言えないペットの話》ペット業界20年
★ペットパラダイム通信★これさえ知ればあなたもペットも健康長生き
3/11有料メルマガ創刊!1ヶ月無料です。

www.mag2.com